『減塩野菜だし』は、家族の健康を願うお母さん達のご要望にお応えして生まれました。

『野菜だし』と同じ、玉葱、にんにく、人参、セロリ、キャベツの5つの野菜を使い、53%減塩に(1袋あたり塩分0.93g)。

素材の持ち味を引き出すために海塩をほんの少し加えています。

▼『野菜だし』と比べ塩分量は53%カット はじまりは、お母さんの声でした。

「子どものために塩分を控えた食事を心がけたいので、減塩の野菜だしがあったら…」。

以前より、家族の健康を願うお母さん達からいただいていたご要望。

原料は、『野菜だし』と同じ、五つの野菜。

そして、素材の持ち味を引き出すために海塩もほんの少し加えています。

『野菜だし』と比べ塩分量は53%カット(1袋あたり塩分0.93g)しています。

お子様はもちろん、健康を気遣う方や薄味を好まれる方、味付けをご自分で決めたい方にもおすすめです。

▼減塩 野菜だしは、ここが違います。

「日本の洋食」に合う洋風だしがつくれたらと考え、お肉は使用せず5つの国産野菜を組み合わせ、あっさりした中に深いうまみとコクのある「野菜だし」をつくりあげました。

特徴1.5つの国産野菜を使用。

野菜の粉末だけではなく、みじん切りした野菜も加えています。

特徴2.動物性原料は使用しておりません。

特徴3.だしの出がよく、4〜5分煮出すだけ。

特徴4.そのまま使えるように、下味がついています。

特徴5.化学調味料・保存料は使っていません。

袋を破って丸ごと使えます。

▼減塩 野菜だしには国産の原料を使っています。

■玉葱 独特のうまみ成分を持つ玉葱は、『西洋のかつお節』と言われるほどあらゆる西洋料理のベースとして使われています。

加熱することでうまみと甘みがぐっと増します。

■にんにく 中華や西洋料理に欠かせない香辛料であるにんにくは、独特の風味と、コクが特徴的。

加熱することで甘みも生まれ、長時間煮込んだような深い味わいに。

■セロリ 西洋の煮込み料理によく使われる、セロリ。

独特の香りで、お料理にアクセントを加えます。

■人参 栄養が豊富で、まろやかなコクと甘みのあるだしがとれる人参。

乾燥させてみじん切りしているので、特有の香りも気になりません。

■キャベツ キャベツは、甘みの素である糖質を多く含んでいるため、加熱することで強い甘みが生まれます。

■海塩 熊本県・天草灘は、大小120もの島々が点在し、海水がきれいなことで知られています。

その海水を結晶して作った海塩は、辛さだけでなく、まろやかなうまみとコクがあります。

▼減塩 野菜だしの使い方。

「減塩 野菜だし」には大きくわけて3種類の使い方があります。

お料理やお好みに応じてご利用ください。

袋を破って使うと、みじん切りした野菜まで丸ごとお召し上がりいただけます。

「基本だし」「濃いだし」で紹介しているお料理でも、お好みで袋を破ってお使いください。

■基本だしだしパック1袋に水400ml。

約カップ2杯の割合です。

水から入れ、沸騰後中火で4〜5分煮出して取り出します。

お料理に応じて、味を調えてください。

〈用途〉各種のスープ、ポトフ、ロールキャベツ、ミネストローネなど、だし汁までお召し上がるお料理に適しています。

※だしパックごと煮出して取り出す際に、だしパックに含まれているだし汁を最後まで落とし、箸で軽く押し出していただくと、うまみを逃すことなく、よりおいしくだしがとれます。

※強く絞ると袋が破裂することがありますのでご注意ください。

■濃いだしだしパック2袋に水500ml。

約カップ2杯半の割合です。

水から入れ、沸騰後中火で4〜5分煮出して取り出します。

お料理に応じて、味を調えてください。

〈用途〉各種のスープや、シチューやカレー等、濃いめの味付けのお料理に適しています。

■だしパックをやぶって だしパック1袋に2〜3人分が目安です。

だしパックを破って中身を出し調理します。

お料理に応じて、味を調えてください。

〈用途〉そのままスープに、またはハンバーグなどに混ぜて、チャーハンやスパゲティ、ソテーに調味料代わりにお使いいただけます。

製造元:株式会社久原本家食品茅乃舎のだしシリーズに使っているのは、どれも厳選された国産の素材です。

<シリーズ一覧はコチラ>

レビュー件数0
レビュー平均0.0
ショップ WARMHEART楽天市場店
税込価格 2,299円